睡眠時間の記録


睡眠を記録するとき、2つに分かれてないとその日の記録がすべて終わらないのですが、皆さんはどのようにしていますか?

5 Likes

私の場合、朝起きる時間に「起きる」タスク(1分)をルーチンで用意して、そこを一日の始まりにしています。
一日の始まりのセクションも「起きる」タスクを設定したセクションにしています。
「起きる」タスクの中で、前日の就寝タスクを完了しています。

起床時刻の違いで、おそらく1日のトータル時間が24時間を超えたり超えなかったりする日が出てくるとは思うのですが、そのあたりは気にしないようになりました。

TaskChute Cloudを使い始めの頃、就寝タスクを2つに分けて、毎日が厳密に24時間になるよう記録していたことがあります。
ですが、よく考えたら、それをやってしまうとその日の睡眠時間が、当日と翌日に分けて記録されてしまい、レビューの際に寝てから起きるまでの時間が正しく表示されないことに気づき、今の使い方に落ち着きました。

※見当違いの回答でしたらすみません。

1 Likes

なるほど。ありがとうございます。

個人的には睡眠時間のログも取りたいですよね。
見積もり時間に対して、足りているのかそうでないのか。

寝るのが遅いと、通知が来る前に起きなきゃいけない。
あとは、あと何時間で起きなくてはいけないかがわかるので。
そこは別のアプリで取った方がいいのですかね、、、

1 Likes

以下のように記録をしておけば、一応、睡眠時間は記録に残ります。
直接の解決にならないかもしれませんが、スクショを貼っておきます。

■睡眠を開始した日

■起床した日(翌日)


※アラームは「起きる」タスクに設定しています。

2 Likes

ありがとうございます。

朝起きた時、前日に遡るのがやはり一番シンプルですね。
やってみます!

1 Likes

朝起きた時、前日に遡るのがやはり一番シンプルですね。
やってみます!

はい、現時点ではこの運用が一番シンプルで、私自身もそのように記録しています。前日に戻らなくても済むような機能改修も予定しているので、いちいち前日に戻らなくても済むようなUIにしていく予定です!

7 Likes

機能の仕様的には、前日のタスクで実行中のもの、および開始時間が前日でも終了時間が当日のものは当日のタスクリストにも表示するという形で対応しようかなと思っています。

8 Likes